がんになったら生活はどう変わる?仕事や収入はどうなる?

明日突然働けなくなるかも・・・そんな事態を考えたことありますか?
考えたことはあったとしても、たまに考えるくらいで常には考えていないのではないでしょうか。

突然働けなくなることって実は誰にでも起こりうることなんです。

その原因の一つが、「がん」です。

では、がんになると生活はどう変わるのでしょうか?

がんになったら生活はどう変わる?

今まで通りの仕事ができないことから収入が減り、治療費として支出が増えるので、生活の質が落ちる可能性が高いです。

生活が治療中心となっていくので、お金だけでなく時間も不自由になっていきます。

しかし、いきなり今まで通りの生活が急にできなくなるわけではなく、重症度によって生活が変わってきます。

そこで、がんの症状の差によって仕事や生活がどう変わっていくのか確認してみましょう。

がんになったら仕事はどうなる?

がんになると必ず仕事を辞めなければいけないわけではありません。

がんになると、

①日々の生活と両立しながら、通院して治療する

②入院して治療に専念する

③余命宣告を受けて残りの時間を自由に過ごす

以上の3つの選択肢のうち、どれか1つを選ぶことになるでしょう。

残念ながら、②③の場合は仕事を辞めるしかありません。

ですが、①の場合は仕事を辞めなくてもいいのです。

現在、がんにかかった3割の人は仕事を辞めてしまっています。

仕事を辞めたことで生活の質が落ちてしまい、今まで通りの生活ができなくなってしまう人もいるのです。

そこで、今まで通りの生活ができなくなってしまう人を増やさないために、がんの治療と仕事を両立できるようにする動きが生まれています。

放射線治療や薬物治療なども入院しなくても、通院治療として行えるようになってきているのです!

また、仕事上で「できること」と「できないこと」、治療上で「必要なこと」をしっかり医師と会社に相談すれば仕事を続けていくことは可能です。

なので、仕事を辞める決断をするのは相談や通院治療をしてもダメだった場合に考えてみましょう。

仕事が大丈夫なら収入も大丈夫?

仕事は両立できるかもしれませんが、収入は大丈夫と保証できません。

なぜなら、「できる」仕事が限られてくるからです。

また、通院などで休まなければいけない日も増えてしまうと、会社に居ても今までと同じパフォーマンスができない可能性が高くなってきます。

すると、今まで通りの収入が保証されなくなってしまうので仕事があるからといって収入は大丈夫とは言えません。

また、②③の場合では仕事を辞める必要が出てくるので収入は0になってしまいます。

収入が0でなくても減ってしまうだけで、今までの生活をするのが難しくなりますよね。

何とかして今まで通りの生活ができなくなるリスクを防ぐ方法はないのでしょうか?

今まで通りの生活ができなくなるリスクを防ぐ方法

がん保険に加入することです。

がん保険とは、がんに特化した医療保険のことで、がん治療のための診断や入院費、通院費などを長期的に保障してもらえます。

他の保険と違う点は、「長期的に」保証という点です。

がんは長期的な治療に伴って、他の病気よりも治療費がかかります。

収入が減って治療費として支出が増える中、長期的にお金を支給してもらえるのはありがたいですよね。

また、2019年のデータによると42.6%の人ががん保険に加入しています。

意外と多くの人が、がんに対して危機意識を持っており、リスクを防ごうとしていることがわかりますね。

がんになることで今まで通りの生活ができなくなるリスクを防ぐことができるので、がん保険に加入をすることは必要なのではないでしょうか。

まとめ

以上で紹介した事を整理します。

・がんになると翌日急に生活が変わることは無いが、収入が減り支出が増えるので生活の質が落ちる恐れがある

・放射線治療や薬物治療など通院でもできる治療が増えてきたので、仕事をすぐに辞める必要はない。

・仕事を仮に辞めなくても、できる仕事が減ってしまうため、収入が減るかもしれない。

・がん保険に入ることで、今まで通りの生活ができなくなってしまうリスクを防げる可能性があるので、加入してもいいかも。

いつ、誰が「がん」になってもおかしくありません。

もしもの時のために、がん保険について考えてみるのもいいのではないでしょうか!

投稿者プロフィール

保険無料相談ご紹介サイト みんなの笑顔
保険無料相談ご紹介サイト みんなの笑顔
ご覧いただきましてありがとうございます。
皆様のお役に少しでも立てるよう記事を執筆させていただきます。
よろしくお願いいたします。

保険無料相談はこちら