がん保険ってどうやって選べばいいの?どんな種類がある?

日本人の死亡原因の上位であるがん。それに備えるべく保険加入検討する人は多いのですがその反面、自身に合った保険に巡り合える人は意外と多くはありません。その理由として考えられるのは、民間の保険商品が多くあるということにあります。その保険の多さが原因で、最適な保険と出会うことができないということが起こっているのです。

そこで今回は、がん保険についてその種類などをご紹介していきます。

  1. がん保険の種類は何がある

がん保険はその保障内容によって4つの種類に分類することができます。

  • 入院給付型
  • 実損補填型
  • 診断給付型
  • 収入保障型

これらの種類はそれぞれ特徴がありますので、一つ一つ解説していきます。

 まずは、入院給付型についてみて行きましょう。この保険はがん入院給付金の日額をベースに、診断給付金や手術給付金などの保障金額が決まるという特徴があります。また、様々な保障を特約として付与できるといった選択肢が多いのが特徴です。

 次に紹介するのは、実損補填型です。この保険は損保系の保険会社に多い商品であり、健康保険の自己負担額などを補填するための保険となっています。

 3つ目に紹介するのは、診断給付金型です。この保険は入院給付金や手術給付金などがなく、診断給付金のみを保障する保険となっています。この商品はがんになったときにまとまったお金が必要な人にお勧めできる商品です。昨今のがん保険では一番メジャーなタイプといってもいいでしょう。

 最後に紹介するのが、収入保障型です。これはがんになったことで就労ができず、収入が減ってしまうリスクを保障する保険となっています。毎月年金の形で保険期間満了するまで保険金が給付される商品です。

 このように一口にがん保険といっても、その保障内容は種類によって大きく異なります。

  • がん保険はどのように選ぶべきか

先ほど保険商品の種類を見てきましたので、ここではそれぞれの保険はどういった人に合っているのかについて解説していきます。

まず入院給付型ですが、この保険はどのようながんに罹患するのかわからないため、広範囲ながんのリスクを備えたい人や、保障を一生涯継続させたい人におすすめです。

次に実損補填型ですが、こちらはがんに罹患した際お金がかかっても最新の治療方法を使用してでも治したい人や、医療費だけでなく治療にかかる諸経費や自己負担を減らしたいと考える人に最適です。

3つ目の診断給付金型は、まとまった預金がないため、入院や手術の前にお金が必要といった人にお勧めします。

最後の収入保障型ですが、こちらはその名の通りがんの闘病中に働けなくなって減ってしまう収入が心配な人にお勧めする商品となっています。

  • まとめ

がん保険はその種類によって強みとする保障内容が異なることが特徴ですが、どの保険を選ぶのは悩みどころです。そのため、まずは自身の生活設計や実際の生活情報を視覚化してみましょう。そうすることで、何が将来的な不安要素となっているかがわかるようになります。

それが済んだら今度は自身の経済状況を詳細に計算しましょう。そうすることで今の収支の状況でがんになった時、一番不安なのはどこかがわかるだけでなく、一月のがん保険料にいくらまで支払うことができるのかがわかってきます。将来が不安になるあまり無理して保険に加入する人も少なくありません。ですが、今の生活を圧迫してまで保険に加入したとしても、結果的に生活を破綻させる原因となるかもしれません。それでは、保険に加入する意味がありません。

生活に影響のない範囲で必要な保障を得られる保険商品を選ぶことができるように、保険の知識や自身の生活を見つめ直してみましょう。

保険無料相談はこちら