がん保険の特約を解説 抗がん剤治療特約 通院特約 診断給付金など

万が一に備えてがん保険に加入した場合、悩んでしまうのががん保険の特約の多さとその種類の特徴、本当に必要な特約なのかがわからないという点にあります。特約に加入する、しないは自由に選択することができますが、特約に加入することでどのような保障を得ることができるかまでは、加入の際にも詳しい説明がないことが多いのが、現実です。そのため、保険の内容だけではなく、付与できる特約についても知っておく必要があります。

そこで今回は、がん保険の特約についていくつがご紹介していきます

  1. 抗がん剤治療特約とは

この特約は、抗がん剤の治療を行った時に保険加入時に設定した額の治療給付金を受け取ることができるという特約になります。この特約で受け取ることができる給付金は抗がん剤治療を受けた月に、10万円から50万円程度を受け取れるという内容となっているほか、受け取れる回数は無制限というケースが多いため治療の際に安心できる内容となっています。

この特約の掛け金は、がん診断一時金の掛け金よりも安価であるケースが多いため、がん保険の特約の中でも優先して加入してほしい特約となっているのです。

  • 通院特約とは

実際にがんにかかった際の治療費の負担は入院時よりも退院し、通院治療に切り替わった方が負担増になっていきます。事実がんの治療においては入院時よりも通院治療の方が重要度において高まっているのです。

ですがこの通院特約に関しては、あまりお勧めされていないのもまた、事実として存在しています。

その最大の理由が通院特約には給付金が入る条件として

  • 入院条件
  • 日数条件
  • 治療条件

があり、それぞれの条件を満たすのにはなかなか大変なものとなっています。この3つの条件緩和型の特約も中にはありますが、その商品の数は少ないため、現実的ではありません。

ですが通院治療も経済的な負担は大きいので、加入していたほうが無難ですが優先順位という点では、低い方に分類されることを覚えておきましょう。

  • 診断給付金について

この特約ではがんと診断を受けた時点で一時金として給付金を受け取ることができる特約であり、また、支払い基準も他の特約よりも明確にされていることから最もわかりやすい特約です。

この特約は各種がん保険の特約の中でも最も重要であるとともに、他の特約を付けていなくてもこの一時金を適切に使うことで、治療費を気にしなくてもいいため、安心して治療に専念することができます。

注意点としてはこの一時金を受け取ることができる条件をきちんと把握することが大切であるため、特約に加入する際はしっかりと給付条件に目を通し、疑問点があるときはそれをそのままにせず、解消しておきましょう。

  • まとめ

今回はがん保険の中でも特約に注目し、解説してきましたが事実として特約の加入自体は簡単ではありますが、その反面支払い条件などが不明瞭であり加入していたとしても、実際に受け取ることができないといったケースも少なくありません。

特に主契約となるがん保険の説明は、保険加入時に丁寧に説明されることが多いのですが、特約に関してはあくまでオプションとして担当者によっては、簡単に説明し注意点の解説に重点を置かない人もなかにはいるかもしれません。

そのため自分を守るためにも、最低限の特約についての知識を身に付ける必要性が、ますます増してきているのです。

ですので、保険だけではなく契約を結ぶ際にはその内容が何を意味するのか、事前準備をしっかりとしておき、いざという時のために備えておきましょう。

保険無料相談はこちら