がん保険は必要?がん保険に入っている人が多い理由とは

将来への不安を解消するために医療保険に加入する人は、多く存在していますがその中で疑問に思われているのが、このがん保険です。

医療保険に加入さえしておけば特に個別でがん保険に加入しなくても、将来のリスクをカバーすることができます。しかし、実際は医療保険に加入しながらもがん保険に加入している人は少なくありません。

医療保険がありながら、何故人はがん保険に加入しているのでしょうか?

今回はがん保険の必要性と、その加入理由について解説していきます

 がん保険の必要性とは?

がん保険は文字通りがんに特化した保険であるため、がんに罹患さえしなければ保険に加入する必要など、ないように感じられます。ですがその一方で、50~54歳までは女性の方がガンへの罹患率が高いですが、55~59歳を境として男性の方が、がんに罹患しやすくなっていき、特に男性はこの年齢を過ぎると急激にがんへのリスクが高まっていくとする資料も存在するのです。

さらにがんに一度罹患した場合の生存率を統計で表した資料もあるのですが、そちらでわかることが罹患したがんの種類によって、その後の生存率が大きく変わります。また、一回にかかる入院費用も数十万円単位になるなど、がんに罹患した場合お金の面でも負担が大きくなるのです。

ですので、そのリスクをカバーするためにがん保険を必要としている人は多いことがわかります。

  • がん保険に加入する理由

がん保険に加入する理由は大きく分けて2つに分類することができます。

 まず一つ目が、がん保険が自分に必要かを考えたうえで必要だという考えに至る場合です。例えば風邪などの良くかかる病気であれば、それに特化した保険にかかる人は多くはないでしょう。よくかかる病気の場合はそれに対する費用などの計算が容易であるため、あえて保険に加入する必要性にかられることはありませんが、がんの場合ですとそれが異なります。

滅多にかからないからこそ、がん保険に加入する際にはいろいろな事情を考慮して加入を検討することになります。その事情の中には自分自身のライフスタイルなども考慮するため、本当に必要かをよく考えることができるのです。

ガンにかかった際の経済的リスクを考えたうえで、加入に踏み切ることもあります。

 もう一つの理由は、がん保険に加入することで最善の選択を選べる可能性を広げるというものです。がんの治療方法は年々進化しており、最新医療を受けることができれば、その生存率などもぐっと上がっています。ですが先進医療は現在の公的医療制度の対象外であることが多いため、その費用は莫大なものとなることは、容易に想像できます。そのため、がんに罹患した際に先進医療を受けたいと考えている人は、がん保険に加入することでその費用のサポートにあてるために、加入していくことになります。

  • まとめ

がん保険に加入しなくても公的医療を使用することで、その負担を減らすことは可能ですが、すべての費用の削減ができるというわけではありません。その公的医療をカバーする目的でがん保険を選択する人もいれば、将来的なリスクを避けるためにがん保険を単体で加入する人もまた、多くいるのです。

また、がんの治療方法は最新のものへと変化していっていますが、その先進医療は公的医療制度の対象外であることが多く、全額自己負担であることがセオリーです。

そのため、先進医療対策として加入する人も多くいるのです。

 がん保険単体では、がんにさえかからなければ無意味と感じる人も多くいますが、先進医療などを受ける際にはこれほどの味方はいません。

 ですので、特に先進医療を受けたいと考えている人は、がん保険の加入することをおすすめするのです。

投稿者プロフィール

保険無料相談ご紹介サイト みんなの笑顔
保険無料相談ご紹介サイト みんなの笑顔
ご覧いただきましてありがとうございます。
皆様のお役に少しでも立てるよう記事を執筆させていただきます。
よろしくお願いいたします。

保険無料相談はこちら