医療保険に入っているだけではがんになった場合、カバーできない?

医療保険と聞くとどんな病気や怪我でもカバーできると思い、医療保険があるからとがん保険に加入しない、という人も一定数います。特に今の情勢では、なるべく節約したいという思いから、医療保険を残しがん保険を解約してしまうという人も中にはいるかもしれません。

ですが、少し待ってください。本当にがん保険を捨てるというのは、正しい判断なのでしょうか。医療保険のみでがんに関する治療全般をカバーすることは、できるのでしょうか。

今回は、医療保険でカバーできるものと、がん保険でカバーできるものを中心に解説していきます。

・医療保険でカバーできるがん治療の範囲

医療保険は加入した保険内容にもよりますが、基本的には入院給付金と手術一時金の支給が主であるといえます。確かにがんと聞いてもどのような治療をすることになるのかがよくわからないため、病気やケガでの入院や手術をカバーできる医療保険を手元に残しておきたいのは、心理として当然のことと思われます。

事実、かかるかどうかわからないがんに絞った保険よりも、あらゆる病気のカバーができる医療保険は重要なものに映ります。

ですが、ここで注意したいのが医療保険で給付される入院費などは、公的医療制度の対象であることがほとんどのため、それをうまく使うことで入院費は大幅に削減することができるのです。

ですが、がんに罹患するとそうはいきません。がんの治療によっては公的医療制度の対象外の可能性もあるため、医療保険のみでは到底カバーできるものではありません。それだけではなく、がんの治療は入院や手術よりもその後の通院に時間がかかるため、通院に対して手厚い保障のない医療保険だけでは、がんをカバーできないことがわかります。

・がん保険がカバーできる範囲とは

現在の公的医療制度でカバーできない先進医療などは、がんの治療においてよく使われています。特に抗がん剤治療や放射線治療の医療費は医療保険の保証対象外の保険もあるため、その費用は自身で捻出することになります。更にその治療も一回行えばいいというものではなく、何回も行わなくてはならないことも多く、それが続けば続くだけ自身への経済的な負担は増していく一方となります。

では、この費用をカバーするにはどうすればよいのかを考えた時、真っ先に思い浮かぶのが、がん保険です。がん保険の魅力は、がんと診断された時に一時金としてある程度まとまったお金が受け取れるという点にあります。この一時金は治療費に必ず当てなくてはいけないのかというと、そうではありません。受け取った一時金の使い道は受け取った私たちが決めてもよいのです。そのため、治療にあてる人もいれば、抗がん剤治療にそなえてウィッグの購入費用に充てる人も中にはいます。

がん保険はがんに特化しているため、一見すると必要がないように思われますが、がんの治療方法などを考慮すると、医療保険よりも重要な保険であるといえます。

・まとめ

医療保険は様々な病気のカバーをしてくれますが、そのカバーできる病気は公的医療制度で十分な保証を受けることができるため、医療保険に加入していなくても経済的な負担は、比較的少ないといえます。

ですが、がんに関しては保証が不十分であるため、がんへの対策としてがん保険を残しておくということは、重要なことでもあるのです。それ以外にも、がんの治療に関しては公的医療制度でカバーすることができないため、経済的な負担をそれで軽減することはできません。

そのためにも、がん保険を捨てるのは一度待ってほしいのです。公的医療制度である程度カバーできる医療保険を残すのであれば、医療制度の対象外のケースが多いがん保険を残しておくのも一考かと思います。

保険無料相談はこちら