大学生の子供が一人暮らしを検討する時どれぐらいのお金がかかる?

大学生で一人暮らしをすると、初めての経験なので「何にいくらかかるのだろう?」「バイトをしないと生活していけないのか?」など様々な疑問や不安が頭をよぎると思います。

そんな大学生の一人暮らしにかかるお金を項目別に見ていくと共に、「現状かかる費用」と「今後増減することが予想される費用」とに分けて見ていこうと思います。

『現状の大学生一人暮らしにかかる費用』
まず、全国大学生活協同組合連合会の「第56回学生生活実態調査の概要報告(2020年)」によると、

(下宿生の1ヶ月の生活費)
食費      24,570
住居費     52,910
交通費     3,370
教養娯楽費   10,990
書籍費     1,850
勉学費     1,870
日常費     7,120
電話代     3,370
その他     2,140
貯金・繰越   12,990
支出合計    121,180

となっています。

このデータは学費などを除いた生活費だけの金額になっています。
ですから実際には大学の前期後期の学費(平均1,208,800円)などをいれて計算する必要もでてくるかもしれません。
また、大学生の金額を取り上げているので、短大生や大学院生などはまた金額が変わってきますので、注意してください。
さらに、一人暮らしをされる地域によっても違いがあります。日本学生支援機構(JASSO)の調べによると東京圏は平均2,075,400円、京阪神は平均1,906,400円となっており、他の地域に比べて一人暮らしをする時の金額の負担が大きいようです。

併せて実際に一人暮らしをするために賃貸物件を決定し、入居の手続きをする時は家賃以外の諸費用(敷金・礼金・火災保険料など)も負担しなければいけません。その際に、思っていたよりも負担が大きくならないように事前に不動産屋に見積もりをだしてもらったほうがいいでしょう。

以上のことを踏まえ、「親の仕送りをいくらしてもらうか」、「自身のアルバイトをどれくらいしようか」、また「奨学金をいくら借りようか」など色々と事前に家族で話し合いや準備をしっかりとしておくことでスムーズに一人暮らしを始めることができるのではないでしょうか。

次に、
(今後増減することが予想される費用)

全国大学生活協同組合連合会の「第56回学生生活実態調査の概要報告(2020年)」にある大学生の1ヶ月の生活費のデータは2019年と比較すると、すべての項目で金額が減少しており、特に食費と教養娯楽費の減少幅が大きいです。
これは、コロナの影響により外食を控え自炊にし、外出して遊ぶことを控えた結果であると考えられます。

そこから考えられることは今後コロナが終息するまでは、食費や交通費・教養娯楽費などの支出はさらに減少する可能性が高いと思われます。

反対に、「第56回学生生活実態調査の概要報告(2020年)」の調査にある特別費の金額によれば、合宿代・国内旅行・帰省代などは前年より35,200円減少し、パソコンやスマホなどの購入費・各種資格などの取得費などは前年より16,900円増加しているという数字がでています。

これも大学生の授業は講義よりもリモートが中心となっているので、パソコンやスマホなどの購入費が増加していると考えられます。
さらに、在宅の時間が増えることから、水道・光熱費や書籍費などの費用が増加することも考えられます。
また反対に、コロナの影響でバイトの日数が減り、大学がリモート授業になったことにより交通費などの移動費は減少していくと予想されます。

つまり、項目によっては減少を続けていくものもあれば、反対に増加していくものもあるでしょう。
下の図に増減をまとめました。

増加(↑)        減少(↓)
水道・光熱費      食費
パソコン・スマホ代   交通費
書籍費         教養娯楽費

以上のことから、大学生の一人暮らしにおける生活費は全体的に下がると予想されますが、一部増えていくと予想される費用もあります。その時々に合わせて事前に調べることが必要になってくると思います。
また、今後コロナの影響で今よりも大学がリモート授業を推進すれば、前期後期の授業料が安くなり遠くの大学に自宅からリモートで授業に参加するようなことも可能になるかもしれません。
そうなれば、大学生の一人暮らしが必要なくなり、住居費の負担がなくなるような時代がくるかもしれません。

出典:「平成30年度学生生活調査」(日本学生支援機構)
  :「第56回学生生活実態調査の概要報告(2020年)」(全国大学生活協同組合連合会)

保険無料相談はこちら