大学生の子供の仕送額はどれぐらい?どれぐらいの人が仕送を受けている?

お子さんが自分の進路を決める際、進学か就職かの選択をする人が大多数を占めています。進学を選んだ場合心配なのが学費です。進学先にもよりますが、学費はかなりかかるものです。その上、一人暮らしをするのであれば仕送りなどの必要も出てきます。
 そこで今回は、大学生のお子さんへの仕送り額や、親からの仕送りを受けている人の割合などについて解説していきます。

  1. 大学生活で必要な額はいくら?
    まず大学生活で必要なお金として挙げられるのは、もちろん学費です。学費も通う大学によって差があるため、国立大学・公立大学・私立大学文系・私立大学理系の4つの学費についてみていきましょう。国立大学の平均授業料は年間538,000円に、入学費が282,000円かかるため、合計学費2,425,200円かかることになります。公立大学の平均授業料は年間538,6333円、入学料が396,618円で合計学費2,548,150円なります。このことから国公立大学は約2,600,000円かかると見積もっておいたほうが良いでしょう。
    一方の私立大学ですが、文系と理系で異なるため文系から見ていきます。こちらは年間授業料785,581円、入学料229,997円に設備費用151,344円かかるため合計学費3,977,697円かかります。次に理系私立大学ですが、年間授業料1,105,616円、入学料254.309円、設備費用185,038円で、合計学費5,416,925円となります。そのため私立大学に行く際は文系か理系かでも約1,500,000円の差があります。
    また、一人暮らしをする場合は学費だけでなく生活費もかかります。家賃をはじめ光熱費や通信費、食費や娯楽費など合計で約120,000円前後かかるといわれています。
  2. 親からの仕送り額と仕送りを受けている人の割合は?
    先ほどの項目で大学に通うにはかなりお金がかかることがわかりましたが、こちらでは親からの仕送り額や仕送りを受けている人についてみていきます。
    まず仕送り額の平均ですが、通う大学に関係なく学費込みで月100,000円ほどといわれています。また、仕送りを受けている大学生ですが、なんと半数にも満たないそうです。過半数の学生が親からの仕送りを受けずに大学生活を送っているというデータがあります。
    さらに仕送りを受けている学生でも仕送りだけで生活できている人は、そんなに多くありません。では、大多数の大学生はどのように生活資金や学費を賄っているのでしょうか。次の章で見ていきましょう。
  3. 大学生活を送る資金はどのように賄っている?
    まず高校などで紹介されるのは奨学金を利用するという方法です。奨学金には「給付型」と「貸与型」の2種類があります。「給付型」は支給される金額は低いですが、後々の返済義務がないため、条件を満たす人は積極的に活用しましょう。「貸与型」は、卒業後に返済義務が生じるために学生ローンとも呼ばれています。時間に余裕のない学生は必要なお金を全額奨学金で賄っていることも多々あります。
    次に学生自身がアルバイトをすることで、生活費などを賄っているケースです。アルバイトでの収入は月平均60,000円前後といわれているため、足りない費用は奨学金を活用しています。
    それ以外にもあらかじめ学資保険などに加入しておくことで、その保険金を大学費用に充てているケースなどもあります。
    その他にも一人暮らしをする部屋の家賃をできるだけ安く抑えるために、物件探しに時間をかけ安くて条件の良いものを選び、月々の生活費の家計簿をつけることでお金の管理をしている学生も多くいます。
    このようにお金のかかる大学生活ですが、自身の夢を実現するために皆さんいろいろな努力をしています。大学生がより良い暮らしを営める世の中になることを願っています。

保険無料相談はこちら