学資保険、何歳からかけるのがベスト?どんな種類がある?

お子さんのいるご家庭の多くが抱える悩みが、お子さんに学資保険をかけるか否かという問題です。お子さんの将来を考えればかけておくに越したことはないのですが、どのようなタイミングかつ、最適な保険に加入させることができるのかが大きな悩みとなります。そこで今回は、学資保険をかけるタイミングとその種類について解説していきます。

  1. 学資保険をかけるべきベストなタイミングとは?

学資保険も他の生命保険などのように、年齢が低ければ低いほど保険料が安くなるというメリットがあります。そのため、種類によっては妊娠中にも学資保険の契約をすることができるのです。

また、学資保険にはお子さんが高校生もしくは大学生までの期間にかけるという特徴があることから、保険料を払い込む期間もある程度決まっているため、貯蓄として保険をかけている感覚で保険加入ができます。

さらに学資保険は満期保険金などの返戻率が高いことからも、貯蓄かつ保険として掛けることができる等見返りが大きいことも魅力的です。

 このことから、学資保険をかけるタイミングとしては契約者の年齢と被保険者のお子さんの年齢が早いうちに学資保険は組んでいたほうがお得になるということがわかります。

  • 学資保険の種類とは?

学資保険は大きく分けて2つの種類があるといわれています。

一つは貯蓄重視型の保険、もう一つは医療保障などの保障重視型とに分類されます。そこでこの項目ではそれぞれについてみて行きます。

まずは貯蓄重視型の保険ですが、こちらに加入する際のポイントとして、払込保険料に対してどれだけの学資金を受け取ることができるのかが、加入のポイントとなります。

学資保険の返戻率は計算式をもとに算出することができます。

返戻率=受取総額÷払込保険料総額×100

貯蓄保障型の保険は保証重視型と異なり特約として、契約者がなくなった場合保険料を払わなくてもいい等の権利を受けることはできませんが、その分返戻率の高い保険に加入することで、将来のお子さんの勉強面の費用のリスク管理を行うことができます。

もう一つは医療保障などが充実した保証重視型保険です。

こちらの学資保険は主に親に万が一のことが起こった場合に、貯蓄性のある保険としてその威力を発揮する保険となっています。なお、この貯蓄性の高い保険は、通常の学資保険と異なり、満期がないというのが特徴でありますがこの保険では保険料払い込み期間が設定できるため、この貯蓄性保険も学資保険として十分に役に立つものなのです。

  • まとめ

このように学資保険といっても学資保険の内容次第では受け取れる金額や、払込期間などの制約もありますが、学資保険はかけておいた方がお子さんのためになることがわかります。

 さらに学資保険をかけておくことで、進学しなくても解約返戻金率は高いことからお子さんの将来に関して様々な援助が可能となることがわかります。

学資保険とはお子さんのための保険であり、お子さんの将来を考えているのであれば加入するに越したことはない保険です。

ですが、家庭の事情もあるため、すべての保護者に加入をすすめたいとは思いません。

 ですがその一方で学資保険は比較的に解約返戻金の利率が高いため。お子さんへの投資と思ってかけるという保護者の方も少なくありません。

 このように学資保険には様々なメリットがありますが、あくまでもそのメリットを享受すべき人は契約者である保護者ではなく被保険者のお子さんです。

 ですので、お子さんを思う気持ちがあるかつ,金銭的な余裕があるのなら、学資保険で資産形成をしお子さんのために使うほうが有意義な使い方となります。

保険無料相談はこちら