将来の積立を保険でできる?どんな種類がある?

社会情勢が不安定な昨今、将来のために貯蓄を増やしたいと願う人は多くいます。ですが、それと同時に将来に備えて保険に加入したいとも考えている人も一定数いるのです。

そんな人向けに、将来と万が一のためにかける保険が一体となっている商品があります。そこで今回は、将来のために積立ができる保険商品についてみて行きましょう。

  1. 積立型の生命保険とはいったい何?

積立型の生命保険は、払込保険料の一部を積み立てにあてることで、将来的に積み立てたお金を受け取ったり、引き出すことが可能な保険のことです。簡単に言えば、お金を貯蓄できる保険商品のことになります。

そのため、貯蓄と将来のリスク対策に加入したり、貯蓄が苦手な人が貯蓄目的で加入することもある保険です。

  • 積立型の生命保険の種類とは

積立型の保険は大きく分けて下記の5つの種類に分けることができます。

  • 終身保険
  • 養老保険
  • 学資保険
  • 個人年金保険
  • 外資建て保険

この5つの保険にはそれぞれ特徴的な部分がありますので、一つ一つ見ていきましょう。

まず一つ目は、終身保険です。この保険は被保険者がなくなったときに、死亡保険金が受け取れる生命保険の1種です。終身保険は一生涯保障が続きます。この特徴として、解約返戻金というものがあります。この解約返戻金は、終身保険を途中で解約したときに、その期間中に積み立てたお金として受け取れるもので、その金額は保険加入期間などによって異なります。

二つ目は、養老保険です。この保険も終身保険と同様に被保険者がなくなったときに、死亡保険金が受け取れます。ですが終身保険とは異なり、この保険には保険期間に限りがあるのです。この保険期間か終わると、死亡保険と同額の満期保険金が受け取れますので、養老保険で積み立てたお金をその後どのように扱うか、考えておいた方がよいでしょう。

 三つ目は、学資保険です。この保険は子どもの教育資金準備を目的とした保険で、子どもの年齢に応じて決められた時期に学資金や祝い金の形として、お金を受け取ることができます。この保険の大きな特徴は、契約者である親にもしものことがあった場合、それ以降の保険金の払い込みは不要となりますが、学資金は契約通りに受け取れる仕組みがあるという点です。

四つ目は、個人年金保険です。この保険は文字通り積み立てたお金を将来、年金形式で受け取れるというものです。この年金の受け取り方にも種類があり、終身年金・有期年金・確定年金などがあります。また、年金形式ではなく一括での受け取りも可能です。この保険は主に老後の準備として積み立てる人が多いものとなっています。

最後五つ目は、外資建て保険です。この保険は払い込んだ保険料を、外資で運用する保険となっており、一般的に日本円よりも外貨の方が金利が高いため、利用している人がいます。ですが、交換レートは常に変動しているため、タイミングによっては損をするケースもあります。この保険は資産運用も兼ねて契約するパターンが多いです。

  • まとめ

このように一口に積立型保険といっても、その種類や内容は大きく異なっており、どの保険が最適なものか選択する必要が出てきます。そのため、まずは何の目的で積立型保険を選択したいのかを明確にしておかなければなりません。ただやみくもに保険に加入したとしても、それが自身に合ったものでなければ、下手をすれば保険の掛け損になりかねません。

また、積み立てをするのはいいのですがそれが生活に影響を及ぼすとなれば、話は別です。生活に影響の出ない範囲かつ、自身が必要とする保険を選択し、適切に運用することを心がけましょう。

保険無料相談はこちら