死亡保険ってどうやって選べばいいの?どんな種類がある?

個人の生活設計において欠かせないのが、不安に対する保障です。経済的なリスクに備えたりする人は、近年増加傾向にあります。

 ですがその中でも特に備えたいのは健康に関することです。そのために医療保険に加入することを検討する人も増えてきましたが、それだけでは不十分と考えている人も少なくありません。そんな人が検討するのが、自身に万が一のことがあったときのための死亡保険への加入です。

 しかし、いざ保険に加入しようと検討しても、民間の保険にはたくさんの種類があるため適切なものを選択するのは、簡単なことではありません。

 そこで今回は、死亡保険の種類やその選びかたについて簡単に解説していきます。

  1. 死亡保険の種類とは

死亡保険には大きく分けて3つの種類があります。それぞれ「定期保険」「終身保険」「養老保険」と呼ばれており、保障期間や貯蓄性などが異なります。

まず、定期保険についてみて行きます。定期保険は保障期間が決まっていますが、保険料が手ごろというメリットがあります。この決められた期間内に被保険者が亡くなった場合は保険金が受け取れますが、それ以外や保険期間中に解約した際に受け取れる返戻金がほぼないというのが特徴です。

次に終身保険ですが、一生涯保証してくれる保険であり、貯蓄性もあるというメリットがあります。契約中に解約しない限り契約は一生涯のため、被保険者が亡くなったときは必ず保険金が受け取れます。また、中途解約をしたとしても解約返戻金を受け取れるというのも特徴です。この時受け取れる解約返戻金は、契約に加入している期間が長いほど多く受け取れます。ですがその反面、同じ保障の定期保険よりも支払保険料が割高となっています。

最後に養老保険ですが、これは一定期間のみ保障しますが、その代わり貯蓄性もあるのが特徴です。この保険は一定期間中に被保険者が亡くなったときに死亡保険金が受け取れますが、この期間内に被保険者が生存していたとしても、満期保険金として死亡保険金と同額の金額を受け取ることができます。このようにどちらの場合でも保険金を受け取ることができることからこの保険は「生死混合保険」と呼ばれています。

  • 死亡保険の選び方とは

死亡保険に加入する最大の目的は生活を取り巻くリスクに備えることにあります。特に自身が死んでしまった時に残される家族の生活のために、備えておきたいと思う人が多くいると思われます。

死亡保険には先程解説したようにそれぞれに特徴があります。将来の備えも兼ねたいときは貯蓄性のある終身保険や養老保険を選択するとよいでしょう。逆に経済的な負担を選らしたいときや子供が大きくなる時の最低限の備えをしたいときは、定期保険に加入しておいた方が無難です。

保険の保障内容だけでなく、保険を維持するためのコスト面にも注目して保険を選択することが大事となります。生活を脅かして迄保険加入していたとしても意味はないからです。保障とコスト、その両方を考慮したうえで保険加入を検討していきましょう。

  • まとめ

生命保険の中でも終身保険と養老保険には貯蓄性があるため、万が一の備えだけではなく経済的なリスク対策も同時に行うことができます。ですが加入する保険や契約する保険金に関しては自身のライフステージなどを考慮することが大切です。

家族がいる人の場合は残される人のために保険を選択し、独身者の場合は保障も大事ですが貯蓄性を重要視することが大切です。

忘れてはいけないのは、保険はあくまでも保険であるということです。自身の生活を切り詰めてまで保険にこだわることは、正しい選択とは言えません。保険と生活が両立できるような商品を選択していきましょう。

保険無料相談はこちら