死亡保険の定期保険と終身保険 それぞれのメリットとデメリットを解説

万が一の備えとして契約する保険の中でも代表的といえるのは、死亡保険といえるでしょう。実際に保険自体に興味のない人でも死亡保険だけはかけていたりするケースは、少なくありません。ですが死亡保険は主に定期保険と終身保険に分かれており、どちらに加入するのがベストなのか、わかりにくいのが現状でもあります。

そこで今回は、死亡保険の定期保険と終身保険、それぞれのメリットとデメリットを解説していきます。

  1. 定期保険のメリットとデメリット

まず、定期保険の特徴についてですが、この保険は保険加入時にあらかじめ決められた保険期間を設定し、その保険期間内に死亡や所定の高度障害状態になったときに保険金を受け取ることができるものとなっています。

その他の特徴として、貯蓄性がない・貯蓄性がないため保険料は格安である・保険期間が満了すると保障がなくなる・継続したい場合、保険を更新することになりますがその時には保険料が上がるといったものが挙げられます。また、解約返戻金を受け取ることもできますが、貯蓄性がないことから少額か、受取額かないかに分けられてしまいます。

 まとめると定期保険のメリットは、保険料が安い、保険期間内に所定の状態や死亡した場合に保険金を満額受け取ることができるといったことが挙げられます。

 その一方でデメリットとして、解約返戻金が少額もしくはないため貯蓄には向かない、更新時には保険料が高くなるといったことが挙げられます。

 ですが、万が一の保障を安く得たい人にはお勧めといえるでしょう。

  • 終身保険のメリットとデメリット

次に終身保険ですが、こちらは先程の定期保険とは異なり保険の保障は一生涯というのが最大の特徴と言えます。それ以外にも貯蓄性がある・保険料に変動がない・保険料の負担額が大きいというのもあります。終身保険の保障期間は一生涯であるため、保険の保障をいつまでも受けることができるのが、魅力的ですがその反面、定期保険に比べて保険料が割高というデメリットも存在します。また、貯蓄性があることから解約時には解約返戻金を受け取ることができます。

このように同じ死亡保険であっても、契約内容で大きく異なることがわかるのです。

  • まとめ

ここでは定期保険・終身保険それぞれが向いている人に解説も踏まえて、保険のまとめをしていきます。

定期保険ですが、こちらの保険は主に安い保険料で加入したい人や、一定期間だけの保障を充実させたい人にお勧め商品です。

もう一つの終身保険が向いているのは、一生涯の保障に備えたい人や、死亡保障と同時に貯蓄をしたい人に適している保険となっています。

一概に死亡保険といっても定期保険と終身保険にはそれぞれ特徴があることが分かったと思います。保険商品を通して貯蓄をしたいのなら終身保険、一定期間の保障だけでいいから保険料を安くしたい人は定期保険と使い分けることができるため、自身のライフスタイルに合わせて保険の契約を検討していくといいでしょう。

そのため、保険に加入するときは保険期間や保障を確認するのも大事ですが、定期保険のように更新がある保険の場合は更新した保険料が高額となるケースが多いため、金銭的な負担なども考慮し、最適な保険を選べるようにしておきましょう。

投稿者プロフィール

保険無料相談ご紹介サイト みんなの笑顔
保険無料相談ご紹介サイト みんなの笑顔
ご覧いただきましてありがとうございます。
皆様のお役に少しでも立てるよう記事を執筆させていただきます。
よろしくお願いいたします。

保険無料相談はこちら