知らなきゃまずい!?失敗しない生命保険の見直し方法とは

何かあったときのために加入している生命保険。入っているから安心している方が多いと思いますが、自分に合っているのか不安という方も多いはず。

生命保険の見直しをする場合に注意する点やタイミングなど、3つの大きなポイントに分けてご紹介していきましょう。

<生命保険の見直しはタイミングと選び方が大事!>

いざ生命保険の見直しをしようとしても、なかなか決められずそのままになっている人が多いのが現状です。

ではどのタイミングで生命保険の見直しをしたらよいのか、見直しのタイミングについて紹介していきましょう。

・結婚、出産など人生のターニングポイント

結婚、出産など、誰かを守ることが必要になったとき

・子供が社会人になって、親としての金銭的責任がなくなった

生命保険は万が一のために加入していますが、親が亡くなってしまったときの生活費や学費などを準備することを目的としていることがほとんどです。

そのため、親としての金銭的責任がなくなった時点で、生命保険を見直しましょう。

・仕事を退職、転職した場合

仕事を退職、転職した場合、その状況に応じて収入が変化します。もちろん社会保険についても変化が起きることもあります。

社会保険に合わせて自分の生命保険を見直すことも、大切なタイミングとなっています。

上記に紹介した3つのタイミングのほかにも、生命保険を見直すタイミングはたくさんあります。

人それぞれ見直しのタイミングはことなりますが、誰かのために加入する生命保険だからこそ、こまめな見直しが大切になります。

では、見直しのタイミングでどんな生命保険を選んだらよいのでしょうか。

生命保険と一言でいっても、様々な種類の生命保険がありますし、保険会社もたくさんあるので決めきれずに挫折してしまうことも多いことでしょう。

生命保険の選び方としてとても大切なのは、自分にはどんな保障が必要なのか?ということをよく考えることです。

例えば、独身の場合であれば、誰かのために残すお金はあまり必要ではありませんから、死亡保障をたくさん準備する必要はありません。

逆に、子供が二人いるというのであれば、その子供が独立するまでに必要な生活費と学費をカバーできる死亡保障が必要になるでしょう。

このように、人それぞれ必要な生命保険の種類が違いますので、自分に必要な生命保険はどれなのかについて考えてみるようにしましょう。

<生命保険で損しない方法はあるのか?>

生命保険に加入している人の中には、保険を使わないから損していると感じている人もいるのではないでしょうか。お守り変わりだからと、毎月の保険料を支払っている人もいると思います。

損得の価値観は人それぞれ異なるので、これが得する方法ですということは言えませんが、損をしないようにする方法について、一例ではありますが私の経験を交えてご紹介したいと思います。

・更新型の生命保険は選ばない

損しない方法のひとつとして、古くからある更新型の生命保険は早々に見直しをすることをおすすめします。

更新型の生命保険とは、10年・15年・20年などで保障の見直しができる保険で、その時の保険金額に合わせることができる保険の代表です。

生命保険に加入している人の約七割の人が、この更新型保険に加入しているともいわれています。

では、なぜ更新型の生命保険を選ばないのかというと、更新型の多くが掛け捨てであり、更新があるごとに保険料が高くなっていきます。

また更新の際に、「転換」という方法を使い、保険に貯まったお金(解約払戻金)を頭金に、新しい保険に切り替えるという方法を行う場合もあります。

転換を行うと、積み立て部分の利率は新しい利率に変更され、また貯まっていたお金が保険料として使われてしまうため、結果としてほとんどお金が貯まっていかないという事態になります。

私が結婚した時に加入した保険も、日本人のほとんどが加入している更新型生命保険でした。

65歳までの保険料払い込み満了までの間に、3回の更新があり、そのたびに保険料が上がるタイプです。

65歳までの保障は、死亡保障3,000万円、入院日額1万円、がん入院の場合2万円です。65歳以降の保障は、死亡保障10万円、がん入院の場合5,000円というタイプです。

もちろん、保険のことなど知りませんから、保険会社の外交員さんに言われるまま加入しました。

見直しをしたとき、最初から真剣に自分の保険について考えておけばよかったと後悔したのを思い出します。

・頻繁な見直しは損の元

保険の見直しはとても大切なことですが、頻繁に見直しをすることはあまりおすすめできません。

見直しをする年齢によっては、結果として保険料が高くなってしまうこともあります。

また、過去の保険はお金を貯めるという点で考えると、利率がとてもよい「お宝保険」と呼ばれるものもあります。

そのような保険は見直しをせず、支払いが終わるまで待つほうが損をしないケースがほとんどです。

頻繁に見直しをするような保険に加入するのではなく、将来的に見直しが少なくなるような保険選びをすることが損しない方法のひとつと言えます。

<生命保険で得する方法はあるのか?>

生命保険で得する方法があるのかと聞かれることがありますが、加入の仕方や保険の選び方によっては得する場合もあると思います。

生命保険で得をしている人もいますが、そのほとんどが保険を財テクのひとつとして活用している人がほとんどです。

昔のように、保険料の何倍も満期になったお金が受け取れるという保険はありませんが、保険の活用の仕方によってお金を増やす、資産を増やすということができないわけではありません。

保障と保険料、解約払戻金、選び方などを総合的に考えて、保険を組み立てるようにしていきましょう。

そのなかで、今回は得する保険の選び方についてご紹介していきます。

・医療保障は終身タイプの掛け捨てで保険料を安く

医療保険は入院した場合の費用、手術費用を準備するための保険です。入院は年齢に関係なくいつするかわからず、高齢になればなるほど必要な場面が増えてきます。

終身タイプの医療保険は、一度加入してしまえば保険料は変わらず、保障も一生涯続きます。

入院に関する保障は、いつか必要なくなる保障ではなく、一生涯やめることがない保障ですから、お金を貯めるのではなく保険料をいかに抑えるかを考え、終身タイプの掛け捨て型を選ぶことをおすすめします。

・死亡保障は二つの考え方で準備をしよう

生命保険で準備するメイン保障として死亡保障がありますが、二つのタイプを利用して準備することで保険料を抑え、かつ老後の資金準備も行えるようにしておきましょう。

二つの考え方としては、葬式費用に必要な一生涯の保障と、ある一定期間のみ必要な保障の二つです。

葬式費用に必要な一生涯の保障は、終身保険を利用して葬式費用のみ準備しておきます。人は生まれてきた瞬間から死に向かうといわれており、死なない人は誰もいません。

葬式をするかどうかを考えるのではなく、してもいいように最低限のお金は準備しておくことが大切です。

一生涯必要なお金の準備が、65歳で保障が切れるということでは困ります。ですから終身保険で準備することが大切です。

次に、ある一定期間のみ必要な保障とは、いくつかのシチュエーションが考えられます。

子供が独立するまで、年金をもらうまで、死ぬまでなど色々なケースがあります。

ある一定期間のみの保障ですから、保障期間が終了した時点で満期金や解約返戻金がある死亡保険を選ぶようにします。

積み立てタイプの保険ですから保険料も高くなりますが、払い込み期間を終えると解約払戻金が支払い保険料総額を超えるものもあります。

貯金、預金をしても利率がほとんどありませんから、積み立てのつもりで保険料を支払い、保障が必要なくなったら貯まったお金を受け取るようにしておけば保障料はタダだったということになります。

もちろん、保険料払い込み期間内に万が一亡くなってしまえば、死亡保険金を受け取ることができます。

貯金や預金では、死亡保険金を受け取ることはできませんので、保障と積み立てを兼ねて準備する方法として、財テクの一部として活用することができます。

保険で得する方法とは、この3タイプの保険を組み合わせることで、一生涯必要な保障の準備と一時的に必要な保障と積み立てを準備することです。

上手に準備できれば、支払い保険料を数百万単位で減らすことができるようになります。

<まとめ>

生命保険の見直しは、したいしたいと思っていても面倒でなかなか腰を上げることができないことのひとつです。

ですが、一日、一週間、一か月、一年と時間が経てばたつほど、保険料の無駄が多くなっていくのも事実です。

「見直しをしなきゃ」と思った時が、生命保険を見直す一番のタイミングです。自分一人で考えるのではなく、今はたくさん相談する場所がありますので、勇気をもって相談しながら生命保険の見直しをするようにしていきましょう。

投稿者プロフィール

保険無料相談ご紹介サイト みんなの笑顔
保険無料相談ご紹介サイト みんなの笑顔
ご覧いただきましてありがとうございます。
皆様のお役に少しでも立てるよう記事を執筆させていただきます。
よろしくお願いいたします。

保険無料相談はこちら