結婚して入るべき保険は?死亡保険や医療保険、がん保険は必要?

色々な種類の保険があるけれど、いったいどの保険に入るべきか悩んでいませんか?
結婚すると、家族の生活を守る必要が出てくるため、自分の命は自分だけのものではなくなります。
そのために、保険へ加入することは大事なことです。
しかし、お金もかかるので、とにかくたくさん加入するということは避けたいですよね。
そこで、結婚したらどういう保険に入るべきかを紹介していきます。

どういう保険に入るべき?
結婚したら入るべき保険は、
1.死亡保険
2.医療保険
3.就業不能保険
4.がん保険
おすすめは以上の4つです。
なぜこれらの保険に入るべきなのか、まずは保険の特徴について紹介していきます。

4つの保険の特徴
1.死亡保険
加入者が死亡した際に、保険金をもらうことができる保険のことです。
他の呼び方で、生命保険とも言います。
他の3つの保険と違うところは、加入者への支援はないという点です。
加入者が亡くなった後、残された家族が生活をしていくための保険なので、加入者には特別な支援はありません。
死亡保険では、加入者が突然亡くなったことで収入がなくなり、生活ができなくなるリスクを防ぐことができます。

2.医療保険
病気になったり、怪我をしたりした時に、医療機関で支払わなければいけない治療費の一部を負担してもらえる保険のことです。
「国民皆保険制度」 によって、全ての人が加入を義務付けられている公的医療保険では、保障されない範囲を保障してくれます。
例えば、入院費用や手術費用などの長期的な治療に必要なお金がもらえます。
医療保険では、病気によって働けなくなるリスクを防ぐことができます。

3.就業不能保険
病気や怪我によって長期的に働くことができなくなってしまった場合、保障を受け取ることができる保険のことです。
医療保険と似ているので、違いを紹介します。

医療保険は、基本的に1回の入院あたりの給付金支払いが何日までと制限されていて、数年単位の長期的な支援ができません。
就業不能保険は、このような医療保険では保障できない働けない期間を支援するための保険です。
医療保険よりも更に先の未来のリスクを防ぐことができます。

4.がん保険
がんに特化した医療保険のことです。
具体的には、がん治療のための診断費や入院費、通院費などが保障されます。
保障できる病気はがんだけですが、医療保険よりも保障内容が豊富に取り揃えられています。
がんはより長期的な治療が必要なので、入院給付金を日数無制限で給付されるのが一般的で、医療保険よりも長期的に保障してもらえるのです。
がん保険では、がんによって働けなくなるリスクを防ぐことができます。

以上が入るべき4つの保険の特徴です。

最後に、結婚してから備えるべきリスクを確認して、なぜ4つの保険に入るべきなのかを考えてみましょう。

結婚してから防がなければいけないリスク
それは、自分の家族が生活できないことです。
結婚をすると、パートナーができます。
もし、自分が働けなくなってしまった時に、パートナーの給料だけで2人の生活を守ることは難しいです。
また子供ができたら、2人だけの生活ではなくなるので、パートナーの給料だけで家族の生活を守ることは難しくなります。

子供には教育費や娯楽費など他にも多くのお金がかかります。
もし、お金が無くて苦しい生活を続けていたら、子供の将来にも大きく関わってくるのではないでしょうか。

家族の生活を守るためには、お金が必要です。
お金を手に入れるためには、働く必要があります。
当然のことですが、働けなくなるとお金が手に入らなくなります。
お金が手に入らないと、家族の生活を守ることができないため、保険には入るべきなのです。
働けないことによって収入が無くなるリスクを防ぐことができるので、特に加入すべき保険は上で紹介した4つなのです。

まとめ
上記で紹介したことを整理します。

・働けなくなることで、自分の家族が生活できなくなるリスクを防ぐために、保険への加入は大事。
・加入すべき保険①:死亡保険
・加入すべき保険②:医療保険
・加入すべき保険③:就業不能保険
・加入すべき保険④:がん保険

保険に加入することは大事ですが、加入しすぎて、今満足に生活できなくなってしまうのは、おかしいですよね。
優先すべきことを決めて、必要な保険だけ加入するようにしましょう!

保険無料相談はこちら