老後2000万円問題が不安!貯金するのに必要な3つの事とは!

「老後暮らしていくためには、2000万円が必要!」

こんな言葉を聞いたことはありませんか?

「年金も貰えるか怪しい・・・」

にも関わらず、2000万円の準備をしないといけないのは不安ですよね。

そんな不安の方へ、2000万円を貯めるために必要なことが3つあります。

・貯金の考え方を変える

・使うのに手間がかかる方法

・「複利」を活かす

以上の3つが、2000万円を貯金するためには必要になってきます。

順番に確認してみましょう!

貯金の考え方を変える

「収入 – 貯金 = 支出」

このような考え方が非常に大事です。

現在、収入が入ったらいつ貯金をしていますか?

もし、余ったお金を貯金に回しているようであれば、2000万円を貯めることは難しいでしょう。

このような場合、

「収入 – 支出 = 貯金」

という考え方になっており、支出を優先してしまっています。

支出を優先しているので、「ちょっとだけなら使ってもいいや」と思ってしまい、いつまで経っても貯金ができません。

貯金は、家賃や食費のような「固定費」と考えて、真っ先に収入から引きましょう。

残ったお金で、支出のやりくりをしましょう。

軽く整理すると、「一定額のお金を確実に貯金する」ことが必要ということですね。

使うのに手間がかかる方法で貯金する

貯金の考え方を変えた後は、貯金の方法も変える必要があります。

使うのに手間がかかる方法で貯金をすると、いいでしょう。

「収入 – 貯金 = 支出」

この考え方を意識して、真っ先に貯金をしたとします。

しかし、使うのに手間がかからない方法で貯金があったら使ってしまうのではないでしょうか?

例えば、タンスに10万円がある場合と、ATMに10万円がある場合では、お金を支える手軽さが違います。

タンスのお金はすぐ使えますが、ATMのお金はATMに行く手間がかかるため、タンスのお金よりも手軽に使いにくいでしょう。

貯金よりも大変なのが投資です。  

投資をするためには、他の口座を新たに作る必要がある上、引き出すには手続きも必要です。

ここまで手間がかかれば、貯金用のお金を使ってしまうことは少なくなるでしょう。

軽く整理すると、「貯めたお金を使いにくくする」ことが必要ということですね。

「複利」を活かす

考え方・方法を変えた後は、貯金の仕方も変えることが必要になってきます。

「複利」という言葉を聞いたことがありますか?

複利とは、利子にも利子がつくことです。

例えば、年利2%で100万円を1年間貯金していた場合、1年後には102万円になります。

次の年も年利2%で貯金した場合、利子も含めた102万円に利率がかかり、104万400円となります。

このように複利であれば、毎年貰える利子が増えていきます。

実は、借金の時にも複利は適用されます。

「借金がいつまで経っても返せない・・・」

このような場合は、複利が悪いように効いていて、敵のように感じてしまうでしょう。

しかし先ほども紹介した通り、貯金の時の複利はお金を大きく増やす手伝いをしてくれます。

つまり、敵ではなく味方です。

複利を活かして2000万円の貯金を目指しましょう!

ちなみに、複利を強く活かすためには、

・貯金額を増やす

・高い年利を設定する

この2つが大事です。

高い年利を設定するには、多少リスクを負ってでも投資をしないと難しいです。

自分がどれだけリスクを負えるか考えてから、投資するか決めましょう。

軽く整理すると、「複利をできるだけ強く活かす」ことが必要ということですね。

まとめ

以上で紹介したことをまとめます。

2000万円を貯めるために、

・必要なこと❶:貯金の考え方を変えて、一定額のお金を確実に貯金する。

・必要なこと❷:使うのに手間がかかる方法で貯金し、貯めたお金を使いにくくする。

・必要なこと❸:貯金額を増やしたり、高い年利を設定したりして複利を活かす。

これだけおこなってもすぐには2000万円貯まりません。

何十年もの時間が必要です。

しかし、何も行わないよりは確実に貯金を増やせるので、安心するためにも挑戦してみましょう!

保険無料相談はこちら