離婚時の慰謝料、相場ってどれぐらい?どういう時に慰謝料が発生する?

皆さんは結婚生活を送る中で、こんなことを思ったことはありませんか?パートナーに浮気をされている、自分を否定される、DVなどのように、いくら夫婦でも、もう耐えられないようなことをされている。それなのに、なぜ、私は耐えているのか、と。

 耐え切れずに離婚を切り出したくても、離婚後の生活などを考えると、我慢してでも一緒にいるしかないと、思い込んではいませんか?

 ですが、パートナーとの生活において、自分だけが耐えている時点で、既に生活は破綻していると思ってよいでしょう。このようなケースの場合は、慰謝料を請求することが可能です。

 そこで今回は、離婚時の慰謝料について、詳しく解説していきます。

  1. そもそも離婚慰謝料とはいったい何?

パートナーとの離婚の際、慰謝料は必ずもらえると思っていませんか?ですが、慰謝料はただ離婚するだけでは貰うことはできません。

離婚慰謝料とは、パートナーの不貞行為などにより、精神的苦痛を受けた側が請求できるお金であるため、離婚の内容や自身に非がある場合は請求できないことになっています。そのため、性格の不一致などによる離婚では慰謝料の請求はできません。

  • 慰謝料の発生条件と相場について

離婚の慰謝料は原因によって相場が変動します。その一例を見ていきましょう。

性行為の拒否や突然離婚を言い渡される場合は0~100万円、悪意の遺棄は50~300万円、DVは50~500万円、浮気や不倫は100~500万円くらいとされています。この結果からも、相手を精神的に傷つけている事例のほうが、より高額な慰謝料を請求することができることがわかります。

特に浮気による離婚の場合、パートナーが浮気を繰り返す、浮気の事実を否定する、不倫相手との間に子供がいるなどといったケースですと、その慰謝料は高額となります。反対にパートナーが十分に反省している、不倫がきっかけで職場を退職した場合などは、減額の可能性もあります。

また、離婚時に慰謝料を請求できる条件はほかにもあり、証拠があるかということが問題となります。いくら相手に非があるとわかっていても、それを証明できなければ慰謝料を請求することは不可能です。DVなどであれば、日記などにどんなことをされたのか事細かに記しておき、DVによりけがをした場合は写真などを取っておくのもいいでしょう。浮気に関しても、慎重に証拠を集めておきましょう。確かな証拠がいくつもあることで、慰謝料請求は有利になります。

  • 離婚後の請求方法

慰謝料は通常、離婚と同時に請求をして支払いを受けるのが一般的ですが、中には慰謝料を請求しないまま離婚をするケースもあります。ですが、ここであきらめてはいけません。なんと、離婚後であっても慰謝料を請求できる可能性があるのです。

 慰謝料にも時効があり、その期間は3年間です。そのため、3年以内であれば慰謝料を請求することができます。ですので、パートナーの不倫の場合はまず離婚してから、そのあと慰謝料の請求をすることも可能です。

 慰謝料の請求は基本的には両者の話し合いで決めることになっていますが、それでまとまらないときは弁護士などのプロに相談しましょう。

 また、慰謝料請求にあたっての証拠集めの仕方など、なかなか一人では難しいものです。そのため、離婚を考えているときから弁護士に相談しておくことをお勧めします。

 パートナーとの離婚はできるだけ選択したくないでしょうが、それでも片方だけが我慢を強いられているのは健全な生活とは言えません。離婚が成立するまでには、かなりの時間がかかりますし、肉体的にも精神的にも負担となります。ですが、パートナーに原因があるのであれば、毅然とした態度で離婚手続きを進めていきましょう。

投稿者プロフィール

保険無料相談ご紹介サイト みんなの笑顔
保険無料相談ご紹介サイト みんなの笑顔
ご覧いただきましてありがとうございます。
皆様のお役に少しでも立てるよう記事を執筆させていただきます。
よろしくお願いいたします。

保険無料相談はこちら