3種類の遺言書解説!自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言

「遺言書ってなんなんだろ?・・・」

こんな漠然な疑問を持っていませんか?

ドラマや映画でたまに出てくるので、なんとなく「亡くなった方が残す手紙」みたいな想像ができているのではないでしょうか。

このなんとなくのイメージにかなり近く、「遺言書」とは、残された家族が相続でモメないように、亡くなる方が残した手紙のことです。

実は、遺言書には種類があります。

・自筆証書遺言

・公正証書遺言

・秘密証書遺言

以上の3種類で、中には正しい手順で開封しないと、遺言書の効力を失ってしまうものがあります。

3種類の遺言書の特徴を知って、ちゃんと取り扱えるようにしておきましょう!

遺言書①:「自筆証書遺言」とは?

名称の通り、亡くなる方が自分で作成する遺言書のことです。

ペンと紙と印鑑さえあれば仕上げることができるお手軽さから、最も使われる遺言書でもあります。

しかし、1人で仕上げてしまうことから、実は守らなければいけないルールを見落としてしまい、遺言書として認められないケースが多くあります。

「自筆証書遺言」を書く上で、守らなければいけない主なルールとして、

・録音や録画、パソコンでの入力ではなく直筆でなければならない

・署名、押印や作成日の明記が必要

などがあります。

これらのルールは法律で定められているので、条件を満たしていない場合、遺言書の効力を失うかもしれません。

また、開封するためには家庭裁判所の検認が必要です。

検認とは、簡単に言うと「遺言書の存在を証明する」作業のことです。

家庭裁判所の検認をせず開封したら、すぐに遺言書の効力がなくなるわけではありません。

しかし、法律で禁止されているので、過料としてお金を取られてしまうので気をつけましょう。

遺言書の作成の楽さやスピードという点では、「自筆証書遺言」が良さそうですね。

遺言書②:「公正証書遺言」とは?

遺言者に代わって公証人と呼ばれる人が作成する遺言書のことです。

公証人とは、法務大臣から任命された公務員のことで、元裁判官や元検察官の方が多く、法律に詳しいです。

法律に詳しい方が代わりに作ってくれるため、自筆証書遺言と比べると、効力を失うリスクはありません。

しかし、公証人が代わりに作成するため、自筆証書遺言と比べると、より時間がかかります。

時間はかかりますが、遺言書の効力を失うリスクがないという点では、「公正証書遺言」の方が良さそうですね。

また、法律に詳しい公証人が管理して作成した遺言書なので、家庭裁判所の検認は必要ありません。

つまり、遺言者が亡くなった後、相続をよりスムーズに進められるのは「公正証書遺言」なのです。

確実性とスムーズな相続配分という点では、「公正証書遺言」が良さそうですね。

遺言書③:「秘密証書遺言」とは?

自筆証書遺言と公正証書遺言の特徴を混ぜて、亡くなるまで存在を秘密にされている遺言のことです。

自筆証書遺言に近い点は、

・自分で書く

・家庭裁判所の検認が必要

公正証書遺言に近い点は、

・公証人に遺言書の存在を記録してもらう

です。

この「秘密証書遺言」の1番の特徴は、遺言書の中身と存在を秘密にできるという点です。

遺言者が亡くなって初めて、存在と中身が明かされます。

どうしても隠したい人にとってはメリットなのですが、公証人も確認することができないので、不備があって遺言者の効力を失うリスクがあります。

また、公証人に届け出を出す手間がある上、家庭裁判所の検認も必要です。

最も手間がかかる上、遺言書としての効力を失うリスクも持つ方法なので、あまり選ぶべきではないでしょう。

どうしても秘密にしておきたい場合のみ、「秘密証書遺言」が良さそうですね。

まとめ

以上で紹介したことを最後にまとめます。

①「自筆証書遺言」とは、亡くなる方が自分で作成する遺言書のことで、遺言書作成の楽さやスピードを重視する場合におすすめ。

②「公正証書遺言」とは、遺言者に代わって公証人と呼ばれる人が作成する遺言書のことで、確実性とスムーズな相続配分を重視する場合におすすめ。

③「秘密証書遺言」とは、亡くなるまで存在を秘密にされている遺言のことで、秘密にしておきたい場合におすすめ。

この通り、遺言書にはそれぞれ特徴があります。

それぞれの遺言書の特徴を知って、正しく取り扱い、遺言書の効力を無くさないようにしましょう!

保険無料相談はこちら