30代の平均年収・貯蓄額って?保険にどれぐらい支払っている?

「他の人はどれくらいお金を持っているんだろう?・・・」

「他の人はどれくらい保険にお金を使っているんだろう?・・・」

こんなことを思っていませんか?

自分がどれほどできているか知るために、他の人の状況とか平均が気になりますよね!

特に30代だと結婚をしたり、子供ができたり、新しい生活が始まることで、お金のことがより気になり始めるのではないでしょうか。

そこで、今回は30代のお金について、

・平均年収

・平均貯蓄

・平均保険支払額

この3つを確認していきましょう!

30代の平均年収はどれくらい?

30代全体の平均年収は444万円です。

もう少し細かく分けると、30代男性の平均が484万円、30代女性の平均が377万円です。

この平均年収は賞与や残業代が含まれた額です。

賞与や残業代を抜いた平均年収は、男性が約371.45万円、女性が約302.1万円と、少し額が下がります。

性別以外に年収が変わる条件として、年齢、職種や業種、企業の大きさ、学歴などがあります。

ところで、この「平均」という数値は実はあまり参考にならないことをご存知でしょうか?

「平均」という数値は、1人でも稼ぐお金が多い人がいれば、全体の平均年収が上がってしまいます。

例えば、10人中9人が年収0円、1人が年収1億円だと、平均年収は1000万円になります。

ほとんどの人が年収0円なのに、平均年収が1000万円なのは不思議ではありませんか?

このような事態を除く時には「中央値」を気にしましょう!

中央値とは、データを高い順、もしくは低い順に並べたときの値のことです。

例の場合だと、中央値は0円となり、多くの人に当てはまる年収となります。

では、30代年収の中央値は?・・・

全体で400万円、男性が400万円、女性が350万円、と少しだけ平均と変わりますね!

次は、30代の平均貯蓄と一緒に貯蓄中央値も確認してみましょう!

30代の平均貯蓄はどれくらい?

30代2人世帯以上の平均貯蓄額は、約529万円です。

こちらの金額は生命保険や年金、株式などの預貯金以外の資産を含んでいます。

預貯金だけだと、平均貯蓄額は約266万円です。

当然ですが、単身世帯か2人以上世帯かで貯蓄額は大きく変わってきます。

30代単身世帯の資産を含んだ平均貯蓄額は約359万円で、預貯金だけの平均貯蓄額は約176万円です。

年収と同じように中央値も確認してみましょう。

30代の貯蓄中央値は、資産を含めた貯蓄額は、2人以上世帯が355万円、単身が300万円です。

資産を除いた預貯金だけの貯蓄額だと、2人以上世帯で240万円、単身で77万円です。

単身世帯の平均値と中央値が50〜100万ほどずれていますね。

このような場合だと中央値の方が参考になります。

最後に、30代がどれくらい保険を支払っているのか確認してみましょう!

30代はどれくらい保険を支払っている?

年間に支払う保険料の平均は、男性が約19.3万円、女性が約16.3万円です。

保険料の中央値は出ていなかったので、正確な値はわかりません。

ちなみに、生命保険の加入率は男性が84.1%、女性が81.3%と、全ての人が保険料を払っているわけではありません。

多く払っている人、少しだけ払っている人、払っていない人が混じっているので、参考程度にしておきましょう。

ちなみに30代では、生命保険以外に医療保険にも加入しておくと安心できるようです。

どんな保険に入るかも考えた上で、支払う保険料を考えていきましょう!

まとめ

以上で紹介したことを整理します。

・30代全体の平均年収は444万円、中央値は400万円。

・30代2人世帯以上の平均貯蓄額は、預貯金だけで約266万円、貯蓄中央値は240万円。

・30代単身世帯平均貯蓄額は、預貯金だけで約176万円、貯蓄中央値は77万円。

・年間に支払う保険料の平均は、男性が約19.3万円、女性が約16.3万円。

途中で紹介したように、平均値は大きなズレがある場合があります。

平均値を盲信しすぎず、中央値も参考にして貯蓄や保険の準備をしていきましょう!

投稿者プロフィール

保険無料相談ご紹介サイト みんなの笑顔
保険無料相談ご紹介サイト みんなの笑顔
ご覧いただきましてありがとうございます。
皆様のお役に少しでも立てるよう記事を執筆させていただきます。
よろしくお願いいたします。

保険無料相談はこちら